ネラダティーって何?





2014年まで10年間カンタス航空の機内食に使われていたネラダティー。  今はマレーシアの紅茶が使われています。
イギリスで飲んだあの美味しい紅茶が日本の水で作れます。

あまり気を使わずに、おいしく淹れられるお紅茶は以外と少ないです。 ゴールデンルールの通りに、ポットやティーカップを暖めて、リーフティーをポット用に1杯と人数分を入れ、5分くらい経ってポットを覗いてティーカップに注いでみてもあまり美味しい紅茶にならないという経験をしたことありませんか? 水が原因かも知れないと、ミネラルウォーターでやってみても結果は同じ。

そんな気むずかしくないおいしい紅茶が、なんと思いがけずオーストラリアからやってきました。

ネラダならぐらぐらと沸騰したお湯を使うことだけがポイント。
カップかティーポットにネラダティーバッグを入れ、そこにぐらぐらと沸騰したお湯をいれるだけ。 ミルク(コーヒーメートなどでなく、普通の牛乳)をいれてもクリームダウンせず、きれいな色のミルクティーの出来上がります。それにオーストラリアのユーカリ蜂蜜をいれるとさらに美味しくなります。

「シンプルなパッケージも嬉しいし、こんなに簡単にティーバッグで美味しい紅茶がいれられるなんて、今までの苦労がウソのようです」との声が多くのお客様から聞かれています。